本文へスキップ

銀座系作家金沢京子サロンは、出会いを大切にするサロンです。

電話でのお問い合わせはTEL.090-7269-9831

金沢京子ごあいさつ

銀座のクラブから                       

                             
ここで出会えたのも、一期一会。ご縁に感謝いたします。
こんな私でも、皆様のお役に立てるのではないかとNETサロンを開くことにしました。ここでは、体験によるハウトウや娯楽作品などを一生懸命に書いてまいります。
いつも思うのは、コミュニケーションを人と取るのは難しいということです。私が銀座ホステスをしていた時は、朝まで仲間やスタッフと議論していました。「なぜ、あの人は成功したのか」などという、勉強会です。「あのママの魅力は?」「どういう努力をしているのか」そして、帰宅後も朝まで同僚と同様に長電話して研究してました。銀座はみんな、人のことを注意深く観察して分析します。銀座は、お客様も遊び慣れており百戦錬磨でしたから簡単に思うようにはいきませんからね。おそらくビジネスもそうでしょう?
「ああ、こういう方法もあるのか!」「そうかっ!」というような気づきが、改めてあるといいと思います。
対人関係のコミュニケーションには、異性というのもあります。これまた単純なようで、難しい問題です。そして機嫌がいい時ばかりでもありません。そう、誰でも上手に人と付き合いたい。一方では、人に負けたくないとも思う。人間関係は複雑です。
また、私が書いた官能小説は、バブル期の銀座が舞台です。歴史の中で日本は悩ましい時代に向かおうとしてるからこそ、このサロンを利用して夢のようなひとときを、ここで愉しんでいただけたら嬉しいです。

                         2017年7月1日 金沢京子

社会派へのこだわり「新・橋龍が愛した女」をきちんと書きたい。

作家になりたかった。文章もうまい。けど、なかなかストーリーが浮かばない。そうだっ!体験談を書こう。政財界の話を書きたいと思って銀座にいきました。そこは、書けたと思います。
官能小説や漫画は「黒いグラス・銀座の夜の物語」がベースになっています。
「GINZAの夜は波乱万丈」として、ここでリニューアル公開します。



私は銀座にいたことを誇りに思っています。歴史は繰り返す。また好景気になりますように!☆彡

   



shop info店舗情報

銀座系作家金沢京子サロン

人の歴史に学ぶことがある。