2014.12-2015,2

 作家・金沢京子   ⑦前歯のブリッジの歯根治療

 
①初診1月6日~②2月28日嚢胞オペ、矯正③スピード矯正、歯根治療
      ④矯正後、歯の根の治療
 ⑤歯根嚢胞の治療   ⑥抜歯、歯根嚢胞の治療 ⑧根幹治療 ⑨奥歯 ⑩根治 ⑪根治


最先端レーザー治療と歯周病治療、インプラント 内科
 医療法人社団 誠敬会クリニック http://yoshino-dc.com/
〒220-0004
神奈川県横浜市西区北幸1-2-13 横浜西共同ビル5F
TEL:045-317-3007



2014年12月11日        前歯のブリッジの治療
(6本ブリッジ)(2月13日に仮歯に)
奥から4本目の歯根嚢胞の治療の準備です。6本のブリッジですが、治療する1本だけを外して、治療の為の土台を作ります。外すと、ぷ~んと嫌な臭い。10ヶ月の間に中に食べ物が入っていたらしく歯石もついて、歯肉炎にもなっていました。つけてた仮歯の中も綺麗に。
(金属を外す)(外した直後)
仮歯を外し、残されてる貴重な歯を折らないように、アイアンクローで金属部分をはさんで外す。吉野先生は高度な技術と絶妙な力とバランス加減で歯を痛めないようにパチンとあっという間に外します。金属を外すと、以前の歯科医院で削られたボロボロな歯が出てきました。この歯も歯根嚢胞があるので、この歯も手抜き治療をされてたわけです。
(歯石と歯肉炎)(出来た土台)
歯石を取り、歯肉炎の部分をレーザーで殺菌、除去しながら、治療する為の土台作りの為に、歯茎部分をレーザーで少し削ります。汚れた根の穴が2つ見えます。蓋をする前に抗生剤を入れてから、レジンで整形してバイキンが入らないような土台が完成。この上に仮歯を装着しました。ここまでの所要時間2時間。普通の歯医者では、ここまで丁寧にやらないと思います。次回から、仮歯の上から穴をあけて、奥歯の時のような根の治療が始まるそうです。
2014年12月15日         根の治療
(9月)(今回、2本穿通)
前回、作った仮歯に穴をあけて歯根の治療をしました。やはり、この歯も前の歯医者がきちんと治療してなかったので、歯根に膿が溜まっていました。右画像の歯根の先の薬の広がりが、嚢胞部分です。そして、むかって左の手前の歯茎は隙間がなくなってきていて、歯茎が治ってきている証拠だそうです。安堵。
(根の汚れをとり)(根を消毒しつつ)
穿通すると、ピッという音がするので、わかります。次回は、下の奥歯です。全部の歯が、要・再治療・・・。こうして1月6日から始まった通院も2年目になろうとしています。
2014年12月25日         2本目の治療の終わり(1年のまとめ)
治療した患部オペした患部×治療が終わった歯○
1月6日の初診から、怒涛の通院の末、3箇所のオペ×、二本の完治した歯○となりました。黄色は経過観察中です。
(2月)
(先の横線は治癒し壁が出来た)
過去、2本ある神経を抜かれたものの、明らかに1本の神経にしか薬を入れていなかったので、歯根に膿が溜まっていた歯でした。治療後の歯の痛みもなくなったことから、入れてあった黄色い抗生剤を取り出し、強い薬剤で根幹内を無菌状態に。
(薬剤で殺菌)(隙間なく充填)
根幹の長さを測ってから、その長さに従って、ガッタパーチャというゴムのような樹脂で緊密な加圧根管充填をしました。隙間をなくする為に
ドリルで中を回転させてから密閉しました。
2015年1月9日       治療の為の仮歯にする
(下の奥歯3本)(治療の為の仮歯)
左下の奥歯3本の歯根にも、膿が溜まっています。時おりズキズキと痛いです。治療をする為の仮歯を入れました。
(セラミックの歯も!)(歯肉炎に)
やるせないのは、過去にかかった歯科医院で、保険の金属の歯だから「手抜きされた」のは、なんとなくは理解出来るけれど、10万円も出して治療したばかりのセラミックの歯までも手抜きとは・・・。実は、こういう
セラミックの手抜き治療は4本目です。ここまでUPをしてるように。千葉県の歯科医にモラルはあるのでしょうか?被せてあった金属を外すと被せものの下には理解不能なミゾが!?この隙間によって被せてあった歯もグラグラしてました。歯型をいい加減にとったとしか思えません。歯茎は金属と不適合による歯肉炎になっていたので、このままほうっておくと歯周病になってしまうので、まずはレーザーで歯肉を治療します。
(レーザーで)(白いとこが隙間)
今回、2本の仮歯を作りました。次回、一番奥の歯も仮歯にします。そうして、通院も1年が経過しました。
2015年1月13日        治療の為の準備
(中の芯棒を外す)(薬剤を入れて)
根の治療をする為に、
レーザーで本物の歯を一切削らないようにして詰めてあったものを取り出す。抗生物質を入れて、準備完了。 今回は、前歯の仮歯の手直しをしました。
2015年1月29日       治療の為の土台作り
仮り歯になっている中の歯が削られていて、高さがないので、レジンで土台の歯の高さを補填、治療の為の準備をしました。今回、写真は撮りませんでしたが、前回、レーザー治療した歯肉炎(赤くなってる部分)はすっかり治ったそうです。次回、治癒画像もUPします。
2015年2月7日       治療の為の土台作り・2
(隙間)(仮歯)
この歯の金属部分を外しました。あと、二箇所の仮歯の手直ししました。写真は、撮影しなかったので、次回UPします。

  ①初診1月6日~ 、 ②嚢胞オペ、矯正③矯正、根管治療④矯正後、歯の根の治療
      
    (吉野敏明著2014